はじめての株式投資

どのくらいの利益が出る?

株取引における利益は、単純な売買による収益だけとは限りません。
一度株式を保有すればその株式によって長期的に投資家に対して大きな利益を生み出し続けることもあるため、投資をする金額が大きくなればなるほど自然とその収益も大きくなっていくことは間違いありません。
例えば、特定の銘柄を買うと配当金というものが付いていることがあります。
配当金は、特定の会社の有価証券を持っている場合に割り当てられるお金で、その有価証券の保有数によって収益が異なることになります。これも株式投資における立派な利益です。
もちろん、取引によって大きな収益を出すことが出来ます。投資家の中には、有価証券に割り当てられている権利の確定日のみその銘柄を持っている人もいるため、その権利が確定したときには全てその銘柄を売却することもあります。
このような取引をしていると、配当金と取引における売却益の両方を貰うことができます。
一般的に、100万円程度の取引であっても数ヶ月でその資産が数倍になることは往々にしてあります。
株の収益は需要と供給によって大きく異なるため、まずはどの取引手法で運用をするのかを確認しなくてはいけません。
それによって、収益の幅も変化することになるのです。
はじめての株式投資

最新ニュース

関連情報

新着サイト

まずお読みください

copyright(C)はじめての株式投資