はじめての株式投資

株式投資の種類

株式投資は、インターネットからでも参加できるため初心者に対する敷居がかなり低くなっています。
証券会社を利用して口座を開設すれば、すぐにでも取引ができるようになるため、何も難しいことはありません。
株式投資の種類は大きく分けて二つです。一つ目は現物取引です。
現物取引というのは、持っている資産の分だけ取引ができる手法のことを言います。
仮に、100万円の資金があるのならばその100万円の範囲内で自由に株式を買うことができるため、購入した銘柄の会社が倒産でもしない限り、その資産価値が0円になることはないため安心して取引ができます。
もうひとつが、信用取引です。
信用取引は、文字通り信用を担保として取引をすることになるため、取引を利用するときには担保となるお金を証券会社に預けなくてはいけません。
このお金は約30万程度で、このお金を預けることができればレバレッジ効果で持っている資金の約3倍近くの銘柄を購入することができます。
100万円の資金があれば、300万円の株を買うことができるのです。
株式投資に関しては、どちらの手法も初心者でも参加できます。大切なのは実際にやってみることなので、気に入った会社があればその情報を調べ、ネットで購入すれば良いのです。それだけで投資をすることができます。
はじめての株式投資

最新ニュース

関連情報

新着サイト

まずお読みください

copyright(C)はじめての株式投資